基本工程
    • 各パーツのゲート処理・ペーパーがけ・改修作業・パーツ洗浄等の工作後、エアブラシにて塗装します。
    • デカール乾燥後、クリアーパーツ・金属色・メタルパーツ以外はフラットクリアーでコートしています。
    頭部
    • 既存のモールドにピンバイスで1.5ミリの穴を開け、ディテールアップパーツ(Оボルト)を追加しています。
    • モノアイにはオーロラVCドームレンズを使用しており、角度により光を拾います。
    • ダクトの淵をシャープにするためプラ板で2ミリ延長して薄く整形。
    • 適所にパネルラインを追加。
    胸部
    • コクピットに塗装済みのパイロットを搭乗させています。
    • 既存のモールドにピンバイスで1.5ミリの穴を開け、ディテールアップパーツ(Оボルト)を追加しています。
    • 適所にパネルラインを追加。
    肩部
    • ショルダーアーマーのスパイク先端をプラ棒とSSPパテを使用してシャープに整形しています。
    • また、既存のモールドにピンバイスで2.0ミリの穴を開け、ディテールアップパーツ(Оボルト)を追加しています。
    • シールドは内部にネオジム磁石を封入しており、付属のバズーカ用マガジン(同じくネオジム磁石封入)が装着できます。
    • シールドの裏面ディテールも塗り分けています。
    • 適所にパネルラインを追加。
    腰部
    • フロントアーマーの隙間を埋めるため、プラ板で縦横幅増しスクラッチしています。
    • 適所にパネルラインを追加。
    股間部
    • 適所にパネルラインを追加。
    脚部
    • 脚部バーニアはブラックサフ→光沢ブラック→メッキシルバーNEXTで3層メッキ塗装を施しています。
    • 適所にパネルラインを追加。
    足部
    • 既存のモールドにピンバイスで1.5ミリの穴を開け、ディテールアップパーツ(Оボルト)を追加しています。
    足裏部
    • 脚部バーニアは開口して3重構造化しており、多少ですが足首の動きに合わせて噴射元が稼働するようになっています。
    • 塗装はブラックサフ→光沢ブラック→メッキシルバーNEXTで3層塗装を施し、さらに内部はフラットレッドで塗り分けています。
    • 足裏のモールドも丁寧に塗り分けています。
    背部
    • 背部スラスターユニットは内部ディテールも丁寧に塗装しています。
    • バーニアパーツはブラックサフ→光沢ブラック→メッキシルバーNEXTで3層メッキ塗装を施しています。
    塗料
    • 主にクレオスカラー・ガイアカラー等のラッカー系塗料を使用しています。
    • スミ入れにはタミヤエナメル系塗料を使用しています。
    • コーティングにはガイアノーツEXフラットクリア使用
    デカール
    • バンダイ水転写式デカールと社外製高精細デカールを併用しています。
    • また、定着性を高めるため1枚1枚デカールフィクサーを使用し、曲面やモールドにかかる部分には軟化剤を使用しています

     
     
(C) VUKOVICH PLASTIC MODEL WORKSHOP ALL RIGHTS RESERVED.
inserted by FC2 system