基本工程
各パーツのゲート処理・ペーパーがけ・改修作業・パーツ洗浄等の工作後、エアブラシにて塗装します。
デカール乾燥後、クリアーパーツ・金属色・メタルパーツ以外はフラットクリアーでコートしています。

頭部
HGUCパーツを使用。
モノアイにはメタルプレート及びオーロラVCドームレンズを使用しており、角度により光を拾います。
頭部横のバーニアにメタルパーツを使用。
適所に筋彫りを施しています。

胸部
MGパーツを使用。
胴部に使用したHGUCパーツとの接続のためフレームから改修し、外装もプラ材にて大幅に意匠変更しています。
適所に筋彫りを施しています。

肩部
MGパーツを使用。
適所にディテールを追加し、パーツを切り欠いてメタルパーツを使用したアポジモーターを追加。
適所に筋彫りを施しています。

腕部
MGパーツを使用。
適所にディテールを追加し、パーツを切り欠いてメタルパーツを使用したアポジモーターを追加。
プラ材と真鍮線を使ってフレームを延長し、下腕部を5ミリ延長しています。
適所に筋彫りを施しています。

スカート部
適所にディテールを追加し、前面にはパーツを切り欠いて内部ディテールを追加。
各所にメタルパーツを使用したアポジモーターを追加。
後部にスクラッチしたプロペラントタンクユニットを新造。
適所に筋彫りを施しています。

塗料
主にクレオスカラー・ガイアカラー等のラッカー系塗料を使用しています。
スミ入れにはタミヤエナメル系塗料を使用しています。
コーティングにはクレオス半光沢クリア使用。

デカール
高精細・高発色が特徴のカルトグラフ社製の水転写デカールを多用しています。
また、定着性を高めるため1枚1枚デカールフィクサーを使用し、曲面やモールドにかかる部分には軟化剤を使用しています。

     
     
(C) VUKOVICH PLASTIC MODEL WORKSHOP ALL RIGHTS RESERVED.
inserted by FC2 system